数寄屋の趣き

どなたにもごゆっくりおくつろぎいただけますよう、 お座敷はいずれも掘りごたつ式の全8室。 それぞれに趣が異なる4つのお部屋をご紹介いたします。

夏なら簾障子にかわるお座敷は、少人数のご利用に適した桔梗の間をはじめ、掘り炬燵のお部屋を中心に全8室ございます。最大60名様ご対応できる菊の間は、ご要望によりテーブルと椅子でのご利用も可能です。

数寄屋造り
 

戦後まもなく建て直された「玄冶店 濱田家」は、東京では数少なくなった数寄屋造りの建物です。

茶の湯に端を発する数寄屋造りは虚飾を排し、簡素な造形の中に美しさを見出す建築様式。深い陰影を宿す聚楽壁の室内には、木のぬくもりと微かな畳の香りが漂います。

季節ごとに表情を変える庭園とあわせ、日本建築の端正な佇まいをぜひご堪能いただければと存じます。

端正な数寄屋造り

玄冶店の由来

季節に合わせて掛け軸を選び、お軸との取り合わせを考えながら季節の花をいける。季節ごと、お席ごとに床の間のしつらえにも趣向を凝らしています。

おめでたいお席やかしこまったお席など、とりわけ特別なお集まりにはお席に合わせてお軸やお花、花入れ、お料理の器などをご用意させていただきます。ご予約の際に、何なりとお気軽にお申し付けくださいませ。

床の間

濱田家のご婚礼

大切な方だけをお招きしての、心に残るウエディング。ご夫婦としての初めての1日を、伝統が息づく和の空間でお過ごしになりませんか。
極上のお料理と最上のおもてなし……。挙式、お衣装、美容、お写真などを含め、濱田家が心を尽くしてお手伝いさせていただきます。

ご婚礼のご案内
ページトップへ